AGA(エージーエー)の治療薬プロペシア

AGA(エージーエー)を治療していくための薬には、飲む薬とつける薬があります。

そのうちの飲む薬に関しては、プロペシアと呼ばれています。

これは、飲む育毛剤とも呼ばれておりますが、プロペシアとはどのような治療薬なのでしょうか。

AGA(エージーエー)の治療薬プロペシアについて紹介していきましょう。

AGA(エージーエー)は、医薬品に指定されています。

この治療薬に関しては、メインで配合されている成分は、フィナステリドという成分となっております。

フィナステリドという成分は実は、最初はAGA(エージーエー)の治療のためではなく、前立腺肥大症のための治療薬ということで、開発された薬でした。

ですが、その後にフィナステリドの研究が進み、AGA(エージーエー)の治療に効果があるということがわかりました。

1997年に、プロペシアは、AGA(エージーエー)の治療薬ということで、FDAに認可されることになりました。

プロペシアは、ジヒドロテストステロンに変換されてしまうことを防いでくれる効果があります。

結果、男性ホルモンが発毛を阻害しなくなるので、髪の毛が成長していくということになっております。

国内の試験では、プロペシアを3年間資料することで、70パーセントの人がAGA(エージーエー)が改善していったそうです。

プロペシアの副作用に関しては、性欲減退などがあります。

また継続して使用することで、肝臓の機能障害の報告もありますが、症状が軽いようです。

不安な方は、AGA治療専門病院に相談し処方してもらうのが一番安全です。

おすすめの専門病院はこちら(AGA(男性型脱毛症)治療|AGA治療・薄毛治療の専門病院AACクリニック名古屋)