万が一に備えるアフターピル

もし性行為を行っていて避妊に失敗した時、妊娠したのではないかと次の生理が来るまで不安に過ごすのは大きなストレスとなることでしょう。
しかし、あらかじめアフターピルを用意しておけば万が一の時に慌てる必要はなくなります。
アフターピルは、コンドームなどを装着していても破けたりして避妊に失敗した場合や、最初から避妊をせずに性行為を行った場合に早めに服用することで妊娠を回避できる緊急避妊薬です。
避妊の失敗がわかってからなるべく早めに飲むことで、妊娠を回避できる効果が高くなるといわれていますが、72時間以内の服用であれば高い確率で妊娠をしなくて済むものです。
妊娠を回避できたかどうかは、服用後に消退出血と呼ばれる出血が見られるかどうかで決まってきます。
これは、服用後数日か遅く出も3週間以内に出血すれば妊娠を阻止できたことになりますが、もし3週間過ぎても出血が見られない場合には妊娠して居る可能性が高いので早めに婦人科で診てもらうことをおすすめします。
基本的に、婦人科で処方してもらうのが一般的ですが、都合によってどうしてもすぐに婦人科に行けない場合などもあることかと思われます。
その場合には、事前にアフターピルを用意しておくのが望ましいでしょう。
アフターピルは婦人科での処方以外にもインターネットで海外から個人輸入で購入することもできます。
いつでも備えておけば、もし避妊に失敗しても妊娠したかどうかで悩まされることは少ないといえます。
あるいは、毎日服用することで避妊効果を得ることのできる低用量ピルを服用するのもおすすめです。
避妊効果だけでなく、生理痛やPMSなど、女性特有の体の不調に効果的なので試してみてはいかがでしょうか。
アフターピルも低用量ピルも避妊効果は期待できますが、基本は病気予防のためにもコンドームの装着をするのが良いといえます。
■アフターピルのオススメお薬
避妊ピル購入希望の方はこちら

ページの先頭へ戻る